会社住所

森男プロジェクト

【森男プロジェクト】心に残る音楽を追求し、「音楽=職業」の確立を目指します。

森男プロジェクトとは

野崎森男ソロプロジェクト「森男」を通じ、「音楽家=職業」の確立を目指すプロジェクトです。
既にミュージシャンとして充分な実力と地位を築いている野崎森男がゼロから、そして業界経験のないキューブコンサルティングとタッグを組んでスタートさせたのは、この、「音楽家=職業」の確立を目指すと共に、「森男にかかわる人すべてを幸せにする」というロマン・夢のためでもあります。

音楽を自由に配信できるようになり、プロとアマチュアの境界が曖昧な時代になりました。
受け手側も配信やYouTubeなどで自由に音楽を手に入れることができるようになり、スマホで音楽を聴くことが当たり前になっています。オーディオセットで音質を調整し自室でゆっくりと音楽を聴くという光景は、いまの若い世代にはありません。
メジャーシーンにおいても、年々CDの売上やライブの興行収入が減少し、「良い音楽」を生みだすことよりも「売れる音楽」の追求が加速しています。

このようなことからも、「ヒットチャートに並ぶ曲を誰もが口ずさむ」ことはなくなり、名曲が生まれるには難しい時代になりました。
人に感動を与えられるような「心に残る音楽」を届けることを目指して活動する音楽家にとっては、活動の場やギャラ等において大変厳しい時代でもあります。
そこで森男プロジェクトでは、音楽制作やライブ制作を通じて「売れる」だけにこだわらず「心に残る音楽」を追求し、様々な業界とコラボレーションすることで「音楽家=職業」の確立を目指していきます。

森男にかかわる人すべてを幸せにする

コンサルティング会社ならではの発想、これまでになかった業界とのタッグを模索していき、社名に込めた思いでもある「三方よし」の精神で、森男にかかわる人すべてを幸せにしていきたいと考えています。

森男

プロベーシスト野崎森男のソロプロジェクト。
野崎森男がボーカル&ギターを務める。

野崎森男プロフィール

野崎森男

1977年、金沢市生まれ。
1999年1月、「LOOP THE LOOP」のベーシストとしてメジャーデビュー。
バンド脱退後は、約13年にわたりポルノグラフィティのサポートベーシストを務めた他、大黒摩季、miwa など数々のメジャーアーティストのサポートベーシストとしても活躍。
矢沢永吉からは「実力派ベーシスト」と評価されている。

音楽活動の傍ら、講演活動や釣り具メーカーのプロスタッフ、福島県での除染活動など、幅広い分野で活動。
また、「夢を持つこと・目標を持つこと」の大切さを伝える勉強会「森男塾」(旧:寺子屋)を開催し、若い世代の更なる成長をサポート。

サポートメンバー 一流ミュージシャン達が集結

Gt:SUNAO

Gt:SUNAO

T.M.Revolutionの西川貴教を中心に結成されたバンド・abingdon boys schoolのギタリスト。柴崎浩と共に、ツインギターの1人として活躍中。
T.M.Revolutionのサポートに関しては、1998~2014年まで参加しており、バンドマスターも兼任していた。
T.M.RevolutionやKinKi Kidsなど、多くのアーティストのサポートやレコーディングに参加している。
2013年にabingdon boys schoolのメンバーである岸利至、ピアニスト岩田彩と共にバンドユニットPGPを結成。
同時期に堀尾淳(元Kangaroo Pockets)、ami[要曖昧さ回避]と自身のバンドfleufleuも結成し共に活動中である。

NO-IMAGE

Ba:HALNA

1989年3月17日生まれ。
奈良県奈良市出身。
幼少期より母にピアノを習い、中学生の時に父が買ってきたエレキベースで音楽活動を始める。
2007年大阪で専門学校の先輩とHaKU結成。
2012年アルバム『Simulated reality』でメジャーデビュー。
2016年同バンド解散後サポートミュージシャンとして活動を開始。
ジャンルを問わず様々なアーティストのライブサポート・レコーディングに参加。

Dr:野崎真助

Dr:野崎真助
(のざきますけ)

野崎森男の兄で、音楽界ではマスケの愛称で呼ばれるドラマーである。
aiko・絢香・いきものがかり・井上陽水・大森洋平・岡北有由・Kalafina・シギ・鈴木彩子・Sowelu・高橋克典・谷口崇・知念里奈・DoggyBag・藤井隆・ポルノグラフィティ・MAX・渡瀬まき・Litaなど、様々なアーティストのライブサポートやレコーディングに参加。

紹介サイト
https://www.rainbowdrumstick.com/profile

NO-IMAGE

トランペッター兼
アレンジャー:中山浩佑
(なかやま こうすけ)

1985年生まれ。トランペットを15歳から始める。
尚美学園大学音楽表現学科 Jazz&Popsコース Trumpet科卒業。
エリック・ミヤシロ、西村浩二、木幡光邦、松島啓之、奥村晶、辻本憲一、生川耕次郎、各師に師事。
在学中よりスタジオ・ワークを中心にライブ、ミュージカルやTV、CMの演奏。また作、編曲家、プロデューサーとしてジャンルにとらわれずオールマイティに活動中。
自己のプロジェクトを始め、メジャーアーティストや、アイドル、歌手、海外アーティストのツアーサポート、レコーディング、プロのビッグバンドやオーケストラ等、様々な形態のバンドにもトランペッターとして参加し、他にも作、編曲家、トラックメーカー、マニュピレーターとしてもバンドや色々なレコーディングに参加し、又、楽曲提供もしている。

過去の参加アーティスト(敬称略)は、
嵐、NEWS、Sexy Zone、SMAP、テゴマス、タッキー&翼、関ジャニ∞、矢沢永吉、大塚 愛、水樹奈々、平井 堅、YUKI、和田アキ子、舘 ひろし、小柳ルミ子、AKB48、ももいろクローバーZ、KEMURI、Friendly Fires、森口博子、Sound Horizon、福山雅治、桑野信義、鈴木雅之、鈴木聖美、ゴズペラーズ、堀江由衣、小林 旭、DJ OZUMA、XIAジュンス(元東方神起)、ポルノグラフィティ、ナオトインティライミ、SEKAI NO OWARI、Exile Atushi、水木一郎、宇宙人、the chef cooks me、中森明菜、C&K、SKY-Hi、森男、高田延彦、なるけみちこ、岩垂徳行など多岐にわたる。

学校や、一般団体、芸能事務所に招かれてレッスン、ゲスト演奏などクリニシャン、また雑誌等の連載を持つ等、プレイヤーや作家として、 後進の音楽家の育成にも積極的に取り組んでいる。
2013年3月にリーダー・アルバム『Seven Steps to .Seven』と、教則本『初級脱却 トランペット練習術(リットーミュージック)』を発売。
2015年、2016年とIAAPA Brass Ring Awardsにて、テーマパークのSHOWのブラスアレンジャー、ブラスディレクターとして関わってるSHOWが、二年連続世界一を受賞。
2015年に片岡愛之助さんが座長を務め、栗山民也さんが演出を務めた、井上ひさしさんの作品。「もとの黙阿弥」にトランペットのトラ次郎役として、演奏し、また俳優として舞台に立つ。

YAMAHA「Z EXPRESS」登録アーティスト。
テレビマンユニオン 音楽事業部
「Kosuke Nakayama Horn Fascination」のリーダとして所属。

Discography

2ndアルバム「黒」
2017/4/7 発売
1stアルバム「紅」
2016/9/9 発売

Biography

2017年
1/29 下北沢Garage ワンマンライブ「黒く染まれば~始まりの夜~」
3/10 名古屋栄タイトロープ ワンマンライブ「黒く染まれば~始まりの夜~」
3/11 東大阪ライブハウスkiruna ワンマンライブ「黒く染まれば~始まりの夜~」
4/7 2ndアルバム「黒」発売
4/9 下北沢Garage レコ発ライブ
4/22 渋谷Duo MUSIC EXCHANGE 森男主催「STAR★ROCKfes2017」開催
5/2~ ワンマンライブツアー春の陣~黒~
5/2 福岡Queblik
5/3 広島セカンドクラッチ
5/6 下北沢Garage
5/7 千葉MTmilly’s
5/28 金沢vanvanV4
6/16 名古屋栄タイトロープ
6/18 東大阪ライブハウスkiruna
6/24 下北沢Garage
6/25 下北沢Garage
2016年
3/19 野崎森男ソロプロジェクト「FUZZ FUCTORY」を5年ぶりに復活、「森男」として再始動
6/3 東京 スタジオライブ
6/4 東京 スタジオライブ
7/2 大阪 スタジオライブ
9/9 1stアルバム「紅」発売
9/11 下北沢Garage レコ発ライブ
10/16 下北沢Garage ワンマンライブ
10/19 モラトリアム主催「モラトリーグ」出演
11/3 千葉MT milly’s ワンマンライブ
11/8 東大阪kiruna ワンマンライブ
11/10 金沢vanvanV4 ワンマンライブ
11/18 広島セカンドクラッチ ワンマンライブ

講演、ライブ、サポートベーシストなど、お問合せ、ご依頼はこちら

会社住所
ページ上部へ戻る